軽バン、軽トラのリフトアップならフォレストオート・ファクトリーにお任せ下さい。

Home > Forest Auto とは > リフトアップとは
リフトアップとは

リフトアップとは

  • Forest Auto FacotoryブランドのFAFリフトアップスプリング®

FAFリフトアップスプリング®

FAF(フォレストオートファクトリー)リフトアップスプリング®は、渓流釣りや狩猟、スキーにカヌー、キャンプ、車中泊やBBQなどで、悪路走破性を向上させるアウトドア派向けの商品です。
純正スプリングからFAFリフトアップスプリング®に交換することで、地上高が約3.5cm、アップ!
さらに、タイヤを一回り大きくすることで、プラス1.5cmのアップ!!

  • 計5センチのリフトアップを可能に!

トータル5cmのリフトアップを実現!

通常、リフトアップ(地上高)すると重心が高くなります。純正スプリングと同じバネレート(強さ)でリフトアップするとフラツキが多くなり、操縦性が不安定になります。フラツキを解消しようとバネレートを高く(強く)すると乗り心地が悪くなります。FAFリフトアップスプリング®は、独自のノウハウ・バネ設定により、リフトアップと乗り心地の相反するものを両立!!

軽バン・軽トラ リフトアップの元祖!

FAFリフトアップスプリング®は車検適合商品!

しかも、安心・安全のMade in JAPANです!

安心・安全・実用性が折込済み! 森田千葉県知事より千葉県ものづくり認定製品に認定されました!

  • before
  • after
FAF リフトアップ スプリング商品一覧
FAF リフトアップ スプリング商品一覧

詳細はこちら

純正スプリングとFAFリフトアップスプリング®との違い

純正スプリングとFAFリフトアップスプリング®との違い

  • 純正スプリング

  • FAFリフトアップスプリング®

  • 純正スプリングとFAFリフトアップスプリング®を入れ替えることにより地上高がアップします。
  • 純正ショックアブソーバー(※注1)を使用することにより、純正ストローク内(※注2)でのリフトアップを実現!純正ストローク以上に伸びる事がないので、ドライブシャフト(※注3)に過度な負担がかかりません!
  • ブレーキホース(※注4)の延長等も必要ありません。
  • 車検対応品ですのでFAFリフトアップスプリング®を装着したまま車検OKです。構造変更等の申請も必要ありません。
  • FAFリフトアップスプリング®でプラス約3.5cm、純正よりひとまわり大きなタイヤの装着でプラス約1.5cm、トータルで約5cmのリフト量でそのまま車検対応。
※注1:
バネの上下動を減衰させる装置。
※注2:
ショックアブソーバーが一番縮んだ位置から一番伸び切った位置がストローク
※注3:
エンジンの回転をタイヤへ伝えるための駆動系の部品
※注4:
ブレーキ系統の油圧を伝えるためのホース
FAF リフトアップ スプリング商品一覧
FAF リフトアップ スプリング商品一覧

詳細はこちら

FAFリフトアップスプリング®とボディリフトによるリフトアップの違い

リフトアップスプリングとボディリフトによるリフトアップとの違い

  • ボディーリフトによるリフトアップ

  • FAFリフトアップスプリング®

  • ボディリフト(※注5)によるリフトアップでは、タイヤの外径を大きくしない限り、地上高は高くなりません。
  • リフトアップと同じ約5cmアップの地上高を実現させる為には、タイヤの外径を10cmも大きくしなければなりません。もちろんノーマル比で10cmも大きなタイヤでは保安基準(車検)に適合しません。また、大きなタイヤを回すことにより、ブレーキ性能が低下したり、駆動系やエンジンにも負担がかかります。
  • 純正スプリングのままボディリフトするとロール(※注6)やフラツキも大きくなります。
  • FAFリフトアップスプリング®は重心が高くなった分を考慮した独自のバネレート(※注7)を設定し、リフトアップ特有のフラツキやロールを低減させた快適な乗り心地を実現しました。
  • FAFリフトアップスプリング®でプラス約3.5cm、純正よりひとまわり大きなタイヤの装着でプラス約15mm、トータルで約50mmのリフト量でそのまま車検対応。
※注5:
フレーム(またはサブフレーム)とボディの間にブロック(スペーサー)を挿入し、
ボディを上げるリフトアップ方法
※注6:
車体左右へのフラツキ(傾き)
※注7:
バネの強さ
FAF リフトアップ スプリング商品一覧
FAF リフトアップ スプリング商品一覧

詳細はこちら

FAFリフトアップスプリング®とストラットスペーサーによるリフトアップの違い

FAFリフトアップスプリング®とボディリフトによるリフトアップとの違い

ストラットスペーサーによるリフトアップ

  • タイヤが静止した状態で、静止状態ではリフトアップと変わりません。
  • 車体が静止した状態では、FAFリフトアップスプリング®装着車とストラットスペーサー装着車の地上高は同じです。
  • 荷重がかかり、ドライブシャフトが伸び切らない状態ではシャフトに負担はかかりません。

しかし

リフトアップスプリングとボディリフトによるリフトアップとの違い

ストラットスペーサーによるリフトアップでサスペンション(ショックアブソーバー)が伸び切った状態

  • USA方式でサスペンション(ショックアブソーバー)が 伸びきった状態です。
    ブロックの厚み分、ストローク(※注8)が伸び側にシフトする為、純正想定以上にドライブシャフトが下側に伸びてしまいます。
  • ストラットスペーサーによりサスペンション(ショックアブソーバー)が 伸びきった状態です。
    ブロックの厚み分、ストローク(※注8)が伸び側にシフトする為、純正想定以上にドライブシャフトが下側に伸びてしまいます。
    ストラット上部にスペーサーのみを取り付けた場合、サスペンション(ショックアブソーバー)が伸び切った時にドライブシャフトに過度の負担がかかり、ドライブシャフトの寿命を縮めたり、デフ側(※注8)よりシャフトが抜けることがあります。
    また、この方式のリフトアップでは、ドライブシャフトが他の車体構成部品(ロアアーム等)に干渉することがあります。
    FAFリフトアップスプリング®は、純正ストローク内でのリフトアップですので、このような不具合はありません。
※注8:
一番縮んだ位置から一番伸び切った位置がストローク

ショックアブソーバーのストロークと各スプリングによる地上高の関係

各スプリング 静止時のショックアブソーバー位置

  • 各スプリング 静止時のショックアブソーバー位置

    FAFリフトアップスプリング®

    各スプリング 静止時のショックアブソーバー位置
    縮み側ストローク > 伸び側ストローク

  • 各スプリング 静止時のショックアブソーバー位置

    純正スプリング

    各スプリング 静止時のショックアブソーバー位置
    縮み側のストローク ≒ 伸び側ストローク

  • 各スプリング 静止時のショックアブソーバー位置

    ローダウンスプリング

    各スプリング 静止時のショックアブソーバー位置
    縮み側のストローク < 伸び側ストローク

白矢印:
サスペンションのタイヤハウス内のボディとの結合位置
青矢印
車体静止状態でのショックアブソーバーの位置
FAF リフトアップ スプリング商品一覧
FAF リフトアップ スプリング商品一覧

詳細はこちら

軽バン・軽トラ【FAF リフトアップ スプリング】は、
【お客様の声】により実現しました。

  • 海外向けにFAFリフトアップスプリングや軽バン・軽トラ用の補修部品を輸出しています。

弊社が北米向けに輸出している軽バン、軽トラ達は現地へ到着するや否や、
そのほとんどがリフトアップ&カモフラ塗装を施され、広大な大地を駆け巡っているのです。
(詳しくは当HP、中古車輸出事業で・・・)

動画投稿サイトで「Japanese mini truck」で検索してみてください!!
驚きの!エキサイティングな!!想像を絶する動画が・・・
軽トラ、軽バン達が野山を駆け巡ります!!!

以前私は、「広大な私有地や農場、はたまたでっかいピックアップ トラックに軽トラ載せてフィールドまで・・・
これはアメリカ人のお遊び。日本での使い方には合いっこない!」って思っていました。
北米で行なっているリストアップ方法では、車の耐久性が著しく低下します。そして何より、そのままでは車検に不適合・・・
しかし、当店にお越しのお客様、またはHPをご覧いただいた方々から
「軽バン、軽トラを日本用にリフトアップ出来ないの?」
というご意見を多数頂きました。そして、頂いたご意見をまとめてみました。

○○県 ○○市
K.S 様

ジムニーにキャンプ道具、カヤック等を載せて林道などを走るのですが、積載能力に不満が・・・ 軽バン リフトアップ車なら荷物満載で林道、河原もOK!仮眠だって取れます。

○○県 ○○市
Y. 様

ワゴンRでサーフィンに行っているのですが、浜辺の近くの駐車場は凸凹だらけ・・・ 軽バンリフトアップ車なら砂地も走れ、どんなとこでも駐車OK!ボードも積めるし、着替えもできます。

○○県 ○○市
S 様

ジムニーで通勤からちょっとした林道走行までこなしていますが、思いきりクロカンする訳でもないし、家族4人で乗りたいときもあるし、荷物だってもっと載せられれば・・・。 軽バン リフトアップなら家族4人乗車もOK!高速だってジムニーより楽そう。

○○県 ○○市
S 様

こんなご時世なので、通勤用のオデッセイを軽自動車に買い替えようと思っていますが、軽ってあまり魅力を感じていませんでした・・・でも軽バン リフトアップの写真見て、急に欲しくなりました! 今年中に買い替えます!!

○○県 ○○市
T 様

最近、キャンプや釣りに行くと、軽自動車で来ている方がとても多いですよ。このリフトアップ車なら荷物満載でも悪路や敷地が整地されていないキャンプ場にだって入っていけるし、釣り道具満載で河原にだって下りて行けますね。河原でバーベキューに便利かも・・・

以上がお客様から頂いたご意見の一部です。アメリカの遊び道具という感覚より、実用性重視といったご意見ばかりでした。 なるほど、リフトアップ 軽バン、軽トラ 日本仕様を造ってみたら面白いかも・・・ そこで、<FAF(Forest Auto Factory)軽バン、軽トラ リフトアップ計画>をスタートすることにしました!!

キャンプに釣り、カヌーにスキー、林道走行も高速も、 ちょっぴりリフトアップした相棒とあなたの行動範囲を広げてみませんか?

FAF リフトアップ スプリング商品一覧
FAF リフトアップ スプリング商品一覧

詳細はこちら

ページトップへ